スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地の恵みをジャムにしてみました

 ホームベーカリーを購入してから
我が家のジャムの需要が増えたように思います。
今日は先日紹介したハーブジャムの第3弾を紹介しようと思います。

リンゴシナモンジャム

 こちらはリンゴ&シナモンのジャムです。
アップルパイなどにも用いられる組み合わせです。
リンゴのジャムというとあまりなじみがないかもしれませんが
パンに塗るのはもちろん、ヨーグルトにもよくあいます。
おなかの調子が悪いときにそのまま食べてもおいしいと思います。

材料

リンゴ・・・・・・・350g
三温糖・・・・・・・100~170g
シナモンティー・・・100cc
レモン汁・・・・・・適量
お好みでシナモンパウダー少々

作り方

1.リンゴを洗って皮と芯を取ります。ピンク色をつけたい場合は
 皮をよく洗ってお茶パックの中に入れておきます。

2.リンゴを細かく刻みます。(摩り下ろしてもOK)
 
3.鍋に刻んだリンゴ、シナモンティー、三温糖を入れて煮詰めます。
 ピンク色をつけたい場合はお茶パックに入れた皮を一緒に入れ、
 リンゴが煮崩れてきたら取り出します。
 シナモンパウダーを入れるときはこのときに一緒に入れます。
 
4.リンゴが煮崩れて汁にとろみがついたら
 火を止めてレモン汁をいれてよく混ぜます。
 このとき、鍋のふちにゼリー状の塊がこびりついてると思いますが、
 できるだけはがして混ぜてください。

5.覚まして清潔なビンに入れ、冷蔵庫で保存します。
 


こんな感じです。
上の画像は色をつけないで作りました。
皮をむくのに時間がかかったせいか、色がかなり茶色っぽいです。
リンゴは紅玉を使いました。
紅玉はそのまま食べると非常にすっぱいのですが
このように加工するときにはとても甘味がやさしくなります。

次回はレモンジャム色違い編を紹介したいと思います。

☆シナモンはお菓子などによく用いられるハーブですが、
 妊娠中の摂取は避けることをお勧めします



スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちにゃ

Author:ちにゃ
ハーブのお店でのアルバイトがきっかけでハーブに興味を持ちました。
ハーブやアロマテラピーのほかに、
味噌作りや梅干漬けなど日本古来の台所文化にも興味があります。

★所有資格
・日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーバルセラピスト

・日本ハーブセラピスト協会
 ハーブセラピスト

・日本メディカルアロマテラピー協会
 セルフケアセラピスト

基本的に首つっこみたがり、語りたがりの主婦
ツッコミ大歓迎


フリマサイトで雑貨屋さんを始めました。
ショッピーズ
└人気ブランドが\300~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。