スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツシキデス

 思いもかけず、胃腸炎になってしまいました。

 昔から日本とかかわりの多い国ドイツでは
メディカルハーブの研究機関が厚生省にあるぐらい
ハーブが盛んに使用されている国です。
今回はドイツ式(?)胃の粘膜をいためたときの
ハーブをつかった民間療法を紹介します。

まずはミルクパンで牛乳を温めます。
牛乳

このとき火はとろ火で
牛乳を沸騰させないように気をつけます。

次に以前紹介しましたジャーマンカモミールを茶漉しにいれて煮出します。
私は使い易いという理由でみそこし器を使いました。
ジャーマンカモミール煮出し
こんな感じで3~5分ぐらい煮出しますと、
牛乳にカモミールの色がついてきます。
牛乳が沸騰しないように引き続き注意します。

カモミールを煮出したこし器で牛乳をこしながら
カップにそそいで完成です。
完成
画像だとわかりづらいですが、
薄いミルクティーみたいな色です。

こちらはカモミールの甘い香りとホットミルクの優しい香りがマッチして
なんともおいしそうな香りがします。
この香りが体が弱ってすさんだ心(笑)を落ち着かせてくれました。
味のほうはいつものカモミールティーより
ダイレクトにカモミールの味がするので若干薬っぽい味になるのですが、
ミルクの味とカモミールの甘味がよくあっていて
おいしく飲むことが出来ました。
ただ、胃が弱っているのでこれだけでおなかいっぱいになります。

ハーブは日本では食品扱いですが、
このように民間療法にとりいれながら
早く健康を取り戻したいです。

☆ハーブは医薬品や医薬部外品ではありません。
 すべての方に同じ作用が出るとは限らないのでご了承ください。

☆ハーブを民間療法に取り入れる場合は医師の指示に従ったうえで
 薬の補助的な使い方をすることをお薦めします。








スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちにゃ

Author:ちにゃ
ハーブのお店でのアルバイトがきっかけでハーブに興味を持ちました。
ハーブやアロマテラピーのほかに、
味噌作りや梅干漬けなど日本古来の台所文化にも興味があります。

★所有資格
・日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーバルセラピスト

・日本ハーブセラピスト協会
 ハーブセラピスト

・日本メディカルアロマテラピー協会
 セルフケアセラピスト

基本的に首つっこみたがり、語りたがりの主婦
ツッコミ大歓迎


フリマサイトで雑貨屋さんを始めました。
ショッピーズ
└人気ブランドが\300~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。