スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリートメントオイルをつくろう~ローズマリー~

 最近ダンナの腰痛が酷くなってきました。
それでメディカルハーブ協会のコーディネター研修会のときに
席が隣だったアロマインストラクターの方から
「炎症をおこしてない腰痛にはローズマリーがいい。」
とお聞きしたのを思い出しました。
普段は前に紹介したローズゼラニウムのバスソルトと同じように
ローズマリーの精油でバスソルトを作って
お風呂に入れていたのですが、
思い切ってトリートメントオイルを作ってみることにしました。

ローズマリー精油

ローズマリーは和名を「マンネンロウ」といい、
「若さを取り戻すハーブ」というふうに言われています。
全身の強壮ハーブとも言われているそうで、
血液循環を促進する効果にも優れているという話です。
ハンガリーの王妃エリザベート1世の
手足の痛みの回復のために修道僧が謙譲した痛み止めの薬が
このローズマリーを主体として作られていたそうです。
腰痛のほかにも集中力アップ、記憶力アップ、老廃物の除去
などの作用もあるそうなので、
「若さを取り戻すハーブ」のいわれはこのあたりからきているのかもしれません。

ベースになるオイルはいつものこれです。
肌なじみがいいので重宝しています。

オイル1

ベースオイルに対する精油の希釈濃度は1%以下推奨とのことなので、
アロマテラピーグッズのレシピを見て割合を調べてから
ベースオイルに精油をたらし、よくかき混ぜます。
濃度1%でも十分ローズマリーの香りが漂ってきます。

こうして完成したトリートメントオイルを
ダンナの腰によく塗りこみましたが、
ダンナ曰く、「腰が温かくて気持ちいい」とのことでした。
たしかに普段の腰痛のときはダンナの腰は冷たいのですが、
これを塗りこんだ後にさわってみるといつもより温かい感じがしました。
 これが効いたのかどうかは判りませんが、
次の日の朝は起きがけに腰が抜けることもなく、
ダンナは元気に出勤しました。
本人曰く、「いつもよりも腰が楽」とのことでした。

もちろんダンナは定期的にマッサージに通っていますが、
家でもこんな感じでケアができるなんてアロマテラピーってすげー!と思いました。


☆こちらを見て同じ物を作りたいと考えられた方は書店でレシピを購入の上、
 作り方をよく読んでから製作することをお薦めします。

☆小さいお子様や妊娠中の方、ご年配の方のケアにアロマグッズを使用する場合は
 専門家とよく相談してからご使用なさってください

☆こちらは医薬品、医薬部外品、医療器具のどれにも属さないので、
 同じ物を作ったとしてもすべての人に効果があるわけではありません。

☆アロマテラピーグッズの製作やそれを使ったケアはすべて自己責任が原則となります
 





スポンサーサイト

テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ちにゃ

Author:ちにゃ
ハーブのお店でのアルバイトがきっかけでハーブに興味を持ちました。
ハーブやアロマテラピーのほかに、
味噌作りや梅干漬けなど日本古来の台所文化にも興味があります。

★所有資格
・日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーバルセラピスト

・日本ハーブセラピスト協会
 ハーブセラピスト

・日本メディカルアロマテラピー協会
 セルフケアセラピスト

基本的に首つっこみたがり、語りたがりの主婦
ツッコミ大歓迎


フリマサイトで雑貨屋さんを始めました。
ショッピーズ
└人気ブランドが\300~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。