スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーの話

 旧正月あけましておめでとうございますwwwww
プライベートがちょっとバタバタしてしまいましたので
久しぶりの更新となります。

 今回はハーブというよりスパイスの話になります。
ハーブとスパイスは明確な区別はほとんどないに等しいのですが
葉や華を使う=ハーブ
実や種を使う=スパイス
のような定義はもちろんあります。
 代表的なスパイス料理といえばいまや日本の国民的料理となったカレーライスです。
かつては「かーさんやすめ」(カレー、サンドイッチ、焼きそば、スパゲッティ、目玉焼き)
のひとつであり、いわゆる手抜き料理といわれていたカレーですが、
ちゃんとしたおいしいカレーを作ろうとするとそれなりに時間と手間がかかります。
特にカレーの故郷であるインドでは
各家庭にカレーの味があり、お母さんが家族の健康を守るために
時間と手間をかけて作る、愛情料理だそうです。
スパイスは消化不良や便秘、滋養強壮にもいいのですよ♪
カレールーでつくる「欧風カレー」ももちろんおいしいのですが、
もうすぐバレンタインということもあり、
「インドのお母さんの愛情料理」たるカレーの作り方を
紹介しようと思います。

★インド風チキンカレー


材料
・鶏肉もも肉  250g
・たまねぎ   大1個
・ひよこ豆水煮  1缶
・トマト    中2個(トマト缶でも可)
・お好みの野菜  適量
・ヨーグルト  80g
・にんにく   2~3片
・しょうが   大さじ1ぐらい
・塩コショウ  小さじ2
・炒め油    大さじ1

スパイス
★ターメリック 大さじ1
★カイエンペッパー 小さじ1/4(無くても可)
★スターアニス(粉)   小さじ1/2
★コリアンダー   小さじ1/2
★クミン(粉)      小さじ1/2

○クローブ     小さじ1/4
○シナモン     小さじ1/3
○ナツメグ     小さじ1/2
○カルダモン    小さじ1/4
○オールスパイス  小さじ1/4
※○のスパイスはあらかじめ一緒に炒めておきます


作り方

1.鶏肉の皮をとり、ナツメグ(分量外)をふってヨーグルトであえて冷蔵庫でねかせます。
鶏肉

2.しょうが、にんにく、たまねぎをみじん切りにしてフライパンに油を敷き、
  色くいろが変わるまで炒めます(写真のたまねぎはかなり大きめに切ってます
たまねぎ

3.いろが変わったら★のスパイスとあらかじめ炒めた○を入れてさっと炒めます

4.みじん切りにしたトマトを入れ、水分が出てくるまでじっくりと炒めます

5.ひよこ豆、野菜を入れてペタペタとした感じになるまで炒めます

炒め野菜

6.鶏肉をヨーグルトごと入れ、水分が飛ぶまで炒めます

7.塩コショウで味を調えて出来上がり!


↓できたカレーはこんな感じです。
水分が飛ばしきれなかったせいか、ちょっと水っぽいです。
インドカレー一号

↓ちなみにかなり時間をかけて水分を完全に飛ばしきったカレーがこちら
応用編でチキンティッカマサラにしてみました。
レシピはCOOKPADで拾ってきました。
インドカレー2号

風邪を引きやすい時期でもあり、季節の変わり目で体力の消耗も激しい時期ですが
スパイスパワーで健康と彼のハートをガッチリチャッチ!!
なんていいかもしれないですよ♪

★レシピや写真の無断転載は禁止です
★こちらはあくまで「日本人が作るインド風カレー」なので本格的なものとは違う場合もあります。
スポンサーサイト

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

ハッピーハロウィン♪

 最近すっかりハーブというよりお料理ブログになってます・・・・。
とりあえずは野菜もハーブのうちということで許していただけますと
とてもうれしくおもいますm(__)m

 ハロウィンの時期ですねー。
どこもかしこもすっかりハロウィン一色になりました。
いつからハロウィンはこんなにメジャーな行事になったんでしたっけ?
ハロウィンといえばかぼちゃ!
ということで今日はハロウィンにぴったりな
ヘルシークッキーをしょうかいしたいと思います。

【かぼちゃとおからのソフトクッキー】

かぼちゃクッキー

★材料
かぼちゃ・・・・・・200g
おから・・・・・・・150g
はちみつ・・・・・・大さじ2(好みで加減 メイプルシロップでも美味です)
白ゴマ・・・・・・・大さじ2(好みでシナモン、クラッシュアーモンドでも美味です)
豆乳ホイップ・・・・大さじ1
レモン汁・・・・・・適量


★作り方
1.かぼちゃをふかして柔らかくして、冷まして皮をとります。

2.かぼちゃとはちみつ、豆乳ホイップ、レモン汁をフードプロセッサーに入れ、
  ペースト状にします。

3.おからを乾煎りして水分を飛ばします。

4.おからと2をまぜ、30分ぐらいひたすらよくこねます。
  その後、白ゴマを加えてさらによくこねます。

5.生地をまとめてラップにくるんで30分~1時間ぐらいねかせます。

6.7~8ミリぐらいの厚さに潰して形を整えます。(画像は型抜き器を使いました)

7.180cに熱したオーブンでだいたい25分ぐらい焼きます
  
8.焼きあがったら冷ましてできあがり


クッキーのサクサクという食感はないのですが(どっちかというとふわふわ)
ゴマの風味が香ばしくてとてもおいしいです。
かぼちゃの甘さがしっかりしているのに野菜の青臭さもかんじません。
とてもやわらかいので小さなお子様も安心して食べられると思います。
食感が気になる方は2でグレープシードオイルを大さじ1プラスすると
しっとりとしますよ♪
それにかぼちゃはビタミンAを豊富に含む緑黄色野菜であり
デンプンを糖に変える酵素を含んでいますし、
おからは食物繊維やたんぱく質が豊富なほか
さまざまな体にいい栄養素がふくまれているので
ダイエット中の方には非常にうれしいおやつになると思います。

今年のハロウィンはおいしくヘルシーに
「トリック オア トリート!!」(何言ってんだか・・・・・)

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

ハーブバター

 ハーブバタを作りました。
作り方はいたって簡単、
市販のバターにハーブを混ぜてレモン汁を数滴加えるだけです。
生クリームをシェイク→ぐるぐる混ぜをして作る
フレッシュバターにハーブを入れてもおいしいですよ♪

ハーブバター

↑こちらはタイムとセージ(1:1)を混ぜたハーブバターです。
香りは非常によいのですが、パンに塗って食べるのは
タイムの味がパンに合わなくてきつかったです。
肉や魚を焼くのに使用すると
とてもいい香り付け&臭み消しになります。
パンに塗るのでしたらバジル&セージ(3:1)のバターがおすすめです。
 
本当に簡単に作れるので興味のある方はぜひTRYしてみてください♪

★タイムは大変強い抗菌、殺菌作用を持つハーブです。医薬品、医薬部外品ではありませんが、
 大腸炎、心不全、妊娠中の摂取は避けてください。
 また体調や摂取量によって、一時的な虚脱や腹痛をもたらすことがありますのでご注意ください。

★セージは抗菌、殺菌作用を持つハーブです。医薬品、医薬部外品ではありませんが、
 大量摂取や長期使用で頻脈、発熱感、痙攣、目眩などの症状を起こすことがありますので
 ご注意ください。また妊娠中の摂取は避けてください。



  

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

ピンクのレモンマーマレード

 先日紹介したレモンマーマレードに色をつけてみました♪
もちろん着色料などではなく、ハーブで色をつけました。
ノーマルのマーマレードと比べるとこんな感じです。
レモンマーマレードピンクマーマレード

「春色でちょっときーめーてー♪」
というわけでピンクいろのレモンマーマレードです。
特に味が変わるわけではないので見た目的なお遊びです。

今回着色に使用したハーブはこちら↓です。
ブルーマロー

このハーブは粘液質を多く含むため、
胃腸や口腔内の炎症などを予防するのに使用されます。
アルコールに浸した浸出液を5倍ぐらいにうすめて
うがいをすると口内炎の予防にもなると思います。
他にも美白効果が期待できるので
パックに使ったり、化粧料になったりします。


ちなみにこちらで煎れたハーブティーは
お花の見た目どおり、青色をしているのですが、
時間がたつにつれて色が変わってくるのですよ♪
この特徴から「サプライズティー」「夜明けのティーザーヌ」
などともよばれているそうです。
実はこのハーブティーにレモン汁を垂らすと
ブルーのお茶がなんとピンク色にかわるのです!

この特徴を利用して・・・・というと聞こえはいいのですが、
実は作ったときはこのことをすっかり忘れておりまして、
マーマレードにさわやかな青色をつけるつもりだったのですよ・・・。
きれいな色になったからまぁいいか!
という感じですw

マローティーの色の変化については
また別の機会に実験結果を書きたいと思います。

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

大地の恵みをジャムにしてみました

 ホームベーカリーを購入してから
我が家のジャムの需要が増えたように思います。
今日は先日紹介したハーブジャムの第3弾を紹介しようと思います。

リンゴシナモンジャム

 こちらはリンゴ&シナモンのジャムです。
アップルパイなどにも用いられる組み合わせです。
リンゴのジャムというとあまりなじみがないかもしれませんが
パンに塗るのはもちろん、ヨーグルトにもよくあいます。
おなかの調子が悪いときにそのまま食べてもおいしいと思います。

材料

リンゴ・・・・・・・350g
三温糖・・・・・・・100~170g
シナモンティー・・・100cc
レモン汁・・・・・・適量
お好みでシナモンパウダー少々

作り方

1.リンゴを洗って皮と芯を取ります。ピンク色をつけたい場合は
 皮をよく洗ってお茶パックの中に入れておきます。

2.リンゴを細かく刻みます。(摩り下ろしてもOK)
 
3.鍋に刻んだリンゴ、シナモンティー、三温糖を入れて煮詰めます。
 ピンク色をつけたい場合はお茶パックに入れた皮を一緒に入れ、
 リンゴが煮崩れてきたら取り出します。
 シナモンパウダーを入れるときはこのときに一緒に入れます。
 
4.リンゴが煮崩れて汁にとろみがついたら
 火を止めてレモン汁をいれてよく混ぜます。
 このとき、鍋のふちにゼリー状の塊がこびりついてると思いますが、
 できるだけはがして混ぜてください。

5.覚まして清潔なビンに入れ、冷蔵庫で保存します。
 


こんな感じです。
上の画像は色をつけないで作りました。
皮をむくのに時間がかかったせいか、色がかなり茶色っぽいです。
リンゴは紅玉を使いました。
紅玉はそのまま食べると非常にすっぱいのですが
このように加工するときにはとても甘味がやさしくなります。

次回はレモンジャム色違い編を紹介したいと思います。

☆シナモンはお菓子などによく用いられるハーブですが、
 妊娠中の摂取は避けることをお勧めします



テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ちにゃ

Author:ちにゃ
ハーブのお店でのアルバイトがきっかけでハーブに興味を持ちました。
ハーブやアロマテラピーのほかに、
味噌作りや梅干漬けなど日本古来の台所文化にも興味があります。

★所有資格
・日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーバルセラピスト

・日本ハーブセラピスト協会
 ハーブセラピスト

・日本メディカルアロマテラピー協会
 セルフケアセラピスト

基本的に首つっこみたがり、語りたがりの主婦
ツッコミ大歓迎


フリマサイトで雑貨屋さんを始めました。
ショッピーズ
└人気ブランドが\300~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。